« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

伸びやかに揺ったりと・・・

曇りがち、雨の日が続きます。19日水曜日、舞岡へ、、、早朝は雨でしたが、9時過ぎ、地下鉄・舞岡駅に降り立てば、すでに雨上がり、、、緑に囲まれた景観。水辺を覆い尽くしていた雑草や菖蒲は、きれいに刈り取られ、整えられておりました。

稲田は伸びやかに、緑濃く成長し、水面が見えない。

風が吹けば青田波が、、、緑の波が揺れる、大きく、小さく、右に左に、、、そして、、、ゆったり、静まる。

130621maioka1< 青田波踊るサンバの羽扇子>

稲田がまるで、音楽に合わせて踊っているよう、、、

風が収まるまで、見とれてしまう、稲田のサンバ。

130621maioka2 雨上がり、鮮やかな紫陽花。

<紫陽花や竹林の陰華やけり>

130621maioka4 かねこふぁ~むの梅は完熟!

一年で一番忙しい日々を過ごされている。青梅のもぎとり~出荷~加工(梅ジュース、梅酒、梅干し)と、、、

完熟の自然に落ちた梅を、、、梅干しとジャム用に頂きました。

うめ塾講座のお話を参考に、自宅でポリ袋で作りました。(1キロ入り、3袋)

下洗いにケチャップ水を使い、半日乾かしながら置くと、追熟で、食べたい!と思うほど良い香りが、、、

130621umetuke1 Lサイズ~130621umetuke2 粒揃い、香りがトビっきり!

<ゆったりと香り愛しむ実梅漬け>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かねこふぁ~む梅塾・やさい塾開催とランチ

130615yasaijyuku1 梅雨の晴れ間、かねこふぁ~むの<Ume塾><YASAI塾>が開催されました。130615yasaijyuku2 130615yasaijyuku3 参加者は、畑の見学と完熟梅の収穫、大根掘りの体験を楽しまれました。

大粒の完熟梅~ジャムをつくると最高の風味!

130615yasaijyuku6 130615yasaijyuku8 柿の木のブースで梅干し講座を受講されました。

うめ講座の後、梅ジュースを頂きながら、雨宮さんのゆかり漬けの作り方と試食を、、、

130615yasaijyuku9_2 かねこランチをアトリエで楽しみながら、今回も和気あいあいのうちに終了。 130615yasaijyuku10

おばさんの献立によるかねこランチは、採りたての野菜が主役。今回は梅御膳プレートにしました。ご飯は梅ごはん・ゆかり添え。季節野菜と手揚げの梅風味煮(油揚げ、新玉葱、新ニンジン、梅のぬけがら)。新じゃが芋の香味焼き。ニンジンのチーズ入りチヂミ。鶏肉のゴマ焼き。ダイコンとワサビ菜のサラダ。ジャコと明日葉のご飯のお伴。

かねこ汁は大根、ジャガイモ、人参、ニラを入れた味噌仕立て。

おまけが2品~ニンジンの間引きの佃煮(おばさんの手作り)。ダイコンのゆかり漬け(雨宮さん手づくり)

美味しい、体が元気になる料理と参加者に好評で完食。

昼過ぎに空に雲がひろがり、にわか雨が心配に、、、この季節はお天気が一番気がかり、早めに終了して、お帰りになりました。

ご参加の皆さんありがとうございました。スタッフの皆さんお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外食探訪&私のじゃがいも料理

大分から宅配便で掘りたてじゃがいもとタマネギが送られてきました。雨の日が続き、ストック食材を使ってお惣菜をつくりました。新玉葱、新じゃがを見ると思い出す料理(味)があります。

それは茹でたてのじゃがいもの味、蒸し焼きにした玉ねぎの味。

昭和16年6月生まれのおばさんは、戦後間もなく腎臓病で、命も危ない状態に、、、幸いにも、薬包紙に包まれた1日分の塩分を3食に分け、茹でた野菜とお粥で過ごし、数か月で元気を取り戻しました。http://homepage2.nifty.com/t-catsup/genhukei.html

おばさんの味覚の原点は、自然の旨みや香り。いくつになっても変わりません。昨日用事があり川崎駅まで出かけました。昼食時間になっていたので、何か食べようと駅傍にあるショッピング街の食事処に移動。パンやサンドイッチ、たこ焼き、あんみつのお店なども並んで、、、

蕎麦、うどん、ラーメン、どんぶり物、寿司、ピザ、ステーキ、様々な分野の集合し、お好みの食事が食べられるコーナーへ。食べている人、列に並んでオーダー中の人など性別、年齢も様々。皆もくもくと会話も無、、、一回りして、残念。。。もう一回りしても食欲が今一つ。。。結局何も食べずに、溜息を、、、、、

私は、美味しさ対する感覚が、どこか違うようだ?と、、、ほどなく気が付きました。駅ビルの食べ物コーナー探訪で、感じる香り。調理で発する<油脂の香り>現代食の風味を思わせるスパイシーさに、適応できない自分。疲労感に襲われ、逃げ出すようにその場を離れました。

130609tomato 新鮮野菜コーナーがあったので、旬のトマトを見て、少し元気になり、帰りました。

帰宅のバスの中で、雨に濡れた木々、街並みを眺めながら、食べたいと想い浮かべたのは父がこの季節に好んだ<じゃがいもとタマネギの蒸し煮>にウスターソースをかけて食べる料理(じゃが芋掘りをしながら姉と懐かしんだばかり)。

帰って、つくろう。

130609poteto_2 皮つきじゃがいもを茹で、皮をむき粉吹きに、(皮剥きながら口に含むと、おいっしい!)ふるさとの大地で育まれたじゃがいも~ありがとう!

13060poteto1 130609poteto3 お気に入りのプレーンヨーグルトとケチャップを同量合わせ、粒マスタードを加えたソースで、ポテトのサラダ。(粉ふき芋200gにケチャップ、プレーンヨーグルト各々大さじ2、粒マスタード大さじ1)朝食のパプリカ(黄)とシソのオリーブ油漬けをトッピングして、、、

雨の駅ビル、久しぶりの食探訪は、世間、一般の姿をかいまみて、美味しいと思う感覚は人ぞれぞれ、、、その中で美味しく健康的に食べるには、選択力を要すると、、、

お腹が空いている時は、料理を見かけだけで、押し切られてしまうと、少々恐ろしいことではないかと、、、これも体験して感じる、出会いは必然でありました。

130609poteto4 ついでに夕食の一品は<新玉葱、人参、コンビーフとパセリを加えたケチャップ炒め>ケチャップに少々の醤油で味付けて、ポテトにチーズを振って、盛り合わせ。

頂く時、電子レンジで温めてアツアツを美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の晴れ間<のぞみ号とソニック号>で帰省

持病の一つに中耳炎があり、空の旅を避け、新幹線と特急を乗り継いで大分へ、、、7日の朝新横浜駅から出発し、3泊4日の帰省をしました。

列車の旅は、快適でした。車窓から見える景色は、麦畑、水田、時々くもり空。俳句を詠む題材を探したり、居眠りをしたり、、、

快速で走る新幹線の音は、目を閉じればまるで台風並みの音。

130609oita1小倉駅でソニック号に乗130609oita2 り換え大分へ。長い道のりでどうなることかと、、、お陰さまで、疲れを感じませんでした。

実家には午後2時半に到着。雨にも合わず、、、梅雨の晴れ間。我がふるさとの自慢は、美しい山々の景色心の中で「ただいま~」と。

130609oita7 由布と鶴見山。ここからの景色は眺めが良いので写生やカメラに収められます。(実家から8分)

130609oita8_2 高崎山。空は薄いグレー。梅雨のせいかなと思っていたら、どうやら中国からの黄砂とpn2.5らしいと判明。(アレルギー体質のおばさんは軽い鼻炎とのどの痛み、目のくしゃくしゃ感があり。~少し疲れたのか?、風邪気味なのか?と、、、)

130609oita6 田植えが終わり、水田からの眺めも最高!

夜は近くの極楽温泉へ、温泉、温泉と楽しみにしているおじさんは大満足!夜は姉の手料理、新鮮な魚料理と自家産野菜の手料理を頂きました。

130609oita13 夏野菜が色々、ナス、トマト、きゅうり、インゲン、ピーマン、オクラ、ツルムラサキ、えごま、ズッキーニ、にんじん等々。さといも、ヤーコンも芽を出していました。

130609oita11 明けて8日は、義兄と姉が育てたじゃがいも掘り。昼は掘りたて、じゃがいもを茹で、人参の葉を使ってチヂミを食べてひと休みを、、、その後お墓参りをし、帰りは又温泉へ、、、

夕ご飯は、おばさんと姉が菜園にある野菜で、サラダや煮物料理、焼肉(牛、豚、鶏)。ゆっくり時間をかけ、話で盛り上がりました。

9日は朝から雨、、、姪の案内で海辺に行く予定でしたが、中止。午後の晴れ間に、大分駅の豊後にわさき市場へ買い物に。外食予定を中止し、夜も家庭料理を作って頂きました。おばさんはビーフコロッケ、野菜と手羽先の煮物をつくりました。

新鮮な野菜が色々あると、作って食べたい。食生活の基本を守って食べるので、健康的。良く食べましたが、体重は変わらず、良く眠って、快食です。

130609oita28 130609oita29 帰りも雨には遭わずに、お天気に恵まれました。

お昼ごはんは姉の手作り弁当<グリーンピースご飯のお結びと卵焼き、鮭塩焼き、インゲン、人参、トマト、切干し醤油漬け>、美味しい、旨いと、、、ごちそうさまでした。

ちなみに姉は77歳、義兄は79歳。2人とも退職後、自家菜園で楽しみながら、有機栽培無農薬野菜を育てています。旬の野菜が送られ、我が家の手料理の材料になる。感謝して頂いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

げんきのたね探しを楽しむ。

130605take 先日、舞岡で若竹の竹林を見て、気分爽快に、、、竹の子はこの1か月で親竹をしのぐほどに、成長し、骨格が完成して、これから若葉の頃に、、、美しく、輝く竹林の景色。素晴らしい!

竹の如く~そうだスカッと行こう!何時までも、心は若々しく笑顔で歩こう!と思って歩くと、体の緊張がほぐれて足取りも軽くなって、、、

気分で、体は変わると実感。舞岡の自然はいつも必然~出会いに感謝!

7月5日は誕生日の朝、梅雨に入ったというのに晴天。育てている野菜は夏到来に実や花を付け始めました。

130605piton ピートン2世。2本植えてあります。11月頃まで楽しませてくれます。

130605tometo

トマトも花をつけ始めました。段ボール堆肥で育てています。

130605biwa 玄関脇の枇杷~甘く熟しました。子供のころから、おばさんの誕生日のフルーツは枇杷と決まっていました。

130605sakuranbo ヤマザクラのサクランボも赤く、、、これよりももっと深い赤ワイン色になった実を食べてみました。思ったより甘く、小さくてもサクランボ味が、、、小鳥が食べに来るのは当然。

さて70歳を過ぎて、一番の気がかりは、足腰の疲れや痛み。おばさんの「げんきのたね」は「アウト・ドアで探す」を楽しみにしています。ひざ痛の状況は、サナモア光線療法の治療を受けて、改善されてきましたが、完治は望めません。

近くの労災病院で、ひざの状態を検査してもらいましたが、治療するほど悪い所は見つからず、膝痛予防の筋トレの方法を教わりました。

130605kutu1 130605kutu 1か月一度の予約診療の日。病院の近くに靴やさん「富永屋」新規開店。立ち寄り、丁寧なお話を伺いました。左足に問題ありの厄介な足。誕生日の出会いに必然を感じて、新調しました。

どの程度まで、ピッタリ調整できるか?、履いてみて、すでに数回、微調整して頂きました。歩きグセ、足の状態、体の歪みなど、何が原因なのかまで検討され、納得がいくまで対応して下さいました。

この靴との出会いも必然!、健康は良い靴から~これからきっと富永屋さんにお世話になることでしょう。

足や靴でお悩みの方へ <富永屋> ℡044-789-5370 営業時間 朝10時~夜7時 定休日 毎週土曜日、東急・元住吉駅下車、東口から 徒歩3分位です。

靴の色はかねこふぁ~むの丘の畑・乾いた土色と同じ~お気に入りの靴をはき「げんきのたね」を探しに~ワクワクして「出会いは必然」に。

「今日も、きっと明日も楽しい」が「げんきのたね」の真実になるのかもね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »