« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

トマトの季節「志村農園」を訪ねる

気温上昇・夏日到来!トマトが旬を迎えました。

22日、金曜日の午後、志村農園さんを久しぶりに訪ねました。田園都市線・江田駅からバスで、、、柚木谷のバス停が移動していたり、20分ほど歩くと、建物が増え、景色が様変わり、狭い車道をスピードを上げた車がひっきりなしに、、、私の原風景に近いと、足しげく通った20数年前とすっかり様変わり。今は亡き、目黒式たけのこ栽培をしていた志村寿治さん、茄子や、さつま芋作りで名人だった息子さんの勇さんのことが偲ばれる。農園の後を継いだ、お嫁さんのサツキさんが勇さんの奥様と、今も美味しい野菜を育てている。地産地消の自家販売所は、地域の方に喜ばれている。

野菜や果物は、130525simuranouen10_2 駐車場、奥の販売所で、毎週金曜日販売し、今は春野菜の終わりと、夏野菜のはしりの季節。品数も豊富と聞き、リュックを背に出かけました。

130525simuranouen6_2

130525simuranouen1 130525simuranouen3

トマトハウスを見学、デジカメで思う存分写真を撮りました。

130525simuranouen2 ユニークな形のトマトも見かけました。

大きいサイズは1個で300gくらいはありそう!真っ赤な完熟トマトが、販売されていました。開店時は駐車場は満杯。大勢のお得意さんで行列ができるとか。

130525simuranouen11 正面にあるのが販売所。サツキさんがにこやかに対応されていました。やはりトマトは大人気!3時頃には売り切れに、、、

おばさんは、新ゴボウ、サラダ蕪、キャベツ半個、ブロッコリー、ミニトマトと大玉3個入りを買って帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第7回食のライヴ・テーブル開催

風薫5月、夏日のような午後、第7回食のライブ・テーブルを開催しました。会場は川崎市国際交流会館料理室です。都内、埼玉、横浜からの参加して下さる方は、元住吉商店街の探訪などが楽しみだとか、、、今回も大入り満員。おやこ芋DUOの食ライブで、ひと時を楽しんで頂きました。

今日ののテーマは<素材の個性を生かし・薄味を楽しむ法>とし、

*カルシュームを効果的に摂る食材の組み合み合わせについて

*夏に向かう体を冷やさない食事について

メニューは

130521oyakoimoduo4 ☆筍と豚肉の煮込・ゴマ汁仕立て

http://homepage2.nifty.com/t-catsup/urawaza/takenokobutanikomi.html 

☆厚揚げのにんじん蒸し(アサリ添え)

http://homepage2.nifty.com/t-catsup/urawaza/atuageharuninjinmusi.html 

☆季節の野菜と甘夏のサラダ

☆明日葉ジャコごはん(ご飯のお伴をトッピング)

元すみ発スイーツはDIVIN(パティスリー ディバン)の黒豆入り抹茶のケーキ、飲み物は新茶&カモミール(カモミールはおばさんの自家製)

午前中に、こいもさんと自宅で仕込みをして、午後1時からに間に合わせました。

130521oyakoimo1 130521oyakoimo2 予定時間を超えて4時過ぎまで、会話を楽しみながらゆっくり会食会。サラダと厚揚げのにんじん蒸しは盛り合わせに、、、彩りはよく、旬の野菜と甘夏のサラダはマヨネーズとヨーグルトのドレッシングで。厚揚げのにんじん蒸しはアサリを添えて。美味しいと好評。

ご飯には明日場とジャコのご飯のお伴。明日葉と松の実の味噌(ご飯のお伴)2種を添えて。作り置き出来るカルシューム源のおかず。

かねこファ~ムさんから<無農薬野菜、明日葉、ルッコラ、ワサビ菜>をサラダ用に御提供いただきました。食材のご提供に感謝致します。

会場の設備の関係で、ライブ形式での料理教室。手順よくと思いながら、時間オーバー。参加者の皆さまのご理解、ご協力に感謝致します。

http://blog.livedoor.jp/k112211/archives/5063350.html

次回は7月23日第8回の食ライブを開催いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巡る季節の景色と珍味な野菜

昨夜は、雨が降り、久しぶりに雨の音を聞いた。かねこふぁ~むの畑の野菜たちが天の恵みを喜んでいるだろうな~大したお手伝いが出来るわけではないけれど、毎週1回は畑の応援隊と称して参加してる。

130508maioka1 8日(水)は、穏やかな天気、舞岡神宮近くの稲田は、田植え前の準備段階に、、、カモが朝食の餌を探していた。

130508maioka6 竹林では竹の子がすでに竹のお兄さんに、、、

親筍は、古株になる程、黄色が増してくる。

130508maioka5 長ネギは、ネギ坊主が育ち始めた。<ネギぼうず>は天ぷらにして食べてみた。若いネギぼうずより、薄膜が破れた方が苦味がなく美味しい。(昨年の秋のはじめ細いネギを植えかえて育った、ネギぼうず現象に圧倒されそう!)

130508tmaioka2 130508maioka7 船橋さんが、サヤ大根の美味しさ教えてくれた。

少し頂いて帰りました。

生食が美味しい、ピリッと大根の辛味があり、刺身のつまに、、、

130508maioka8 人参の間引きをしたので、おろ抜きニンジンをきれいに洗って、お好み焼きと、天ぷらに、、、あまりに美味しいので、友人におすそ分け。

130508maioka9 夏大根が育っているので、のらぼうなをバッサリ!柔らかそうなところは塩漬けに、、、塩抜きをし、ゴマ油で炒めると、病みつきになるほど美味しい!

のらぼうなのサヤもコクがあり美味しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

里山の花々と竹の子の終わり初物

5月3日、かねこふぁ~む後半の<うめ塾・やさい塾>がありました。

おだやかな晴天に恵まれて10時に集まった皆さんは、果樹園のうめ塾班と、やさい塾班に分かれて農園の見学をして最後に木の芽摘みと竹の子掘りを楽しみました。小さなお子さんを連れたご家族で参加の方が数組。

130427takenoko

竹の子は桜が咲くと地上に顔を出します。ですから今年は桜の開花が早く、寒さの戻りがあったせいで、まだタケノコ掘りを楽しめました。終わりの方の竹の子は、終わり初物といわれると教えてくれた、目黒式タケノコ栽培をしていた、志村さんのことが思い出されます。http://homepage2.nifty.com/t-catsup/hajimetakenoko.html

130503takenoko 親竹の子がどれかわからない?思いがけないところに顔を、、、大きな枯れ根っこに抱かれて、、、

130503takenoko2 御家族で力を合わせ、竹の子掘り。

130503takenoko1 終わりにしては、見事な大きさの竹の子。山の仲間が、最後は掘り上げて、、、手にして嬉しそう!

130503hana1 可憐なえびねらんが咲いていました。

竹林と里山再生の林の中には、季節の巡りに合わせて山野草が咲きます。

竹の子掘りが終わって、かねこランチはカレー&季節野菜添え。若奥様がお子様にも美味しく食べられる味付けに仕上げて下さいました。大人の参加者は、優しい味と、、、みなさん完食。(すみません、写真を撮り忘れました。)おばさんは食事前に食談義。竹の子の話と明日葉の料理法などをお話ししました。

御参加の皆さんありがとうございました。スタッフの皆さんお疲れさまでした。

舞岡の水辺、谷戸を含む舞岡公園など新緑の散策は素敵です。この連休中に取った写真をお楽しみください。

130427hana1水辺の菖蒲、結構長い期間咲いております。 130427hana2

燃えるようなつつじ満開!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »