« 其処彼処咲く花・かねこふぁ~む句会 | トップページ | 里山の花々と竹の子の終わり初物 »

かねこふぁ~む農園見学と筍掘り

爽やかな晴天に恵まれ、かねこふぁ~む<うめ塾・やさい塾>が開催されました。

畑の仲間のメンバーの方たちに、今育てられている野菜のこと、無農薬栽培・循環型農業で欠かせない堆肥について、里山再生のために育てている源生林あしたばなどについて、お話を伺いました。

130427yasaijyuku1 130427yasaijyuku3

130427yasaijyuku6 明日葉ブースの奥にある、木の芽摘み。森林浴を兼ねた、収穫体験に、みんな大喜びでした。

木の芽摘み自慢のレシピ語り合い

130427yasaijyuku8130427yasaijyuku7_2最後は竹の子掘りを楽しみました。

竹の子や根の方向はこっちだよ

130427yasaijyuku9 ランチオーダーは、28名様と大勢でしたので、盛り付けも大変。相方こいもさんが昨日から下準備。

朝9時から、何時ものメンバー畑の応援隊が作りました。

130427yasaijyuku10献立は筍ごはん、ふぁ~むの野菜を使った煮物、焼き物、揚げもの、漬けものなど8種盛り。かねこ汁は姫皮入りの椀だね、椎茸、明日葉。味噌仕立て。~竹の子の姫かわ椀や旬の味

タケノコが主役の献立。おばさんのレシピですから、ケチャップがあれこれと使われていたのですが、皆さん美味しいと、好評!感謝!!

130427yasaijyuku11 柿の木のブース ランチのテーブルには、竹の子を掲げた<ふぁ~むのマスコットかねこ猫さん>お出迎え。

130427yasaijyuku12 駐車場そばには鯉のぼりが、のんびり、ゆうゆうと泳いでいました。(喫茶アトリエの窓から望む)

大空に隊列組むや鯉のぼり

御参加の皆さん、有難うございました。スタッフの皆さんお疲れさまでした。

|

« 其処彼処咲く花・かねこふぁ~む句会 | トップページ | 里山の花々と竹の子の終わり初物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

豆松さん、炊き込みご飯に、ケチャップを使うは、昆布を入れると同じ(トマトのグルタミン酸)が入ることになる。
ツナとえごまのディップにも、ケチャップ、味噌、それに梅酢ではなく、少し梅ジュが入っています。えごまもふぁ~むで栽培したもの。皆さんにえごまの美味しさをお知らせしたくて2年前からふぁ~むで育てて頂いております。

投稿: チャップリンおばさん | 2013年5月 1日 (水) 20時16分

青空の下いただくお料理は格別でした!
ケチャップ入りたけのこご飯が新鮮で、家の人に説明してもわかってもらえなかったのが残念。
実際に作って食べさせないといけないですねぇ。

どれもおいしかったのですが、あのツナが一番のお気に入りです。梅酢ができたら作ってみようと思います♪

投稿: 豆松 | 2013年5月 1日 (水) 13時56分

こいもさん、やさい塾ランチ・好評で、よかったですね。菜の花漬け、のびるの梅酢漬け、普段食べない素材も生かされ、珍味に、、、やさい塾でお伝えしたいことの一つ。
椀だねは、作り手側の状況で工夫し、改善に、、、料理はわくわくして楽しくが、隠し味になると思います。料理をつくることも楽しく、竹の子みたいに、まっすぐ伸びて下さい。

投稿: チャップリンおばさん | 2013年5月 1日 (水) 09時04分

お疲れ様でした。素晴らしいごちそうでしたね。盛り付けもたいへん。当日は所用あり、参加できなかったですが、残念。それにしても写真のサイゴの一枚鯉のぼりですが、アトリエの窓枠からの風景がとても良いです。

投稿: 山本耕道 | 2013年4月30日 (火) 23時57分

お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
その時の楽しみ方をおしえてくださる、おやっ!芋師匠。
今回、準備をしている段階で、花粉の香りを嗅げたり、椀種を作るのが楽しくなったりと、
ワクワクする場面がいっぱいありました。
皆さんからも、どうやってつくるの?などなど、一つ一つ確かめたくなる美味しさでした。

投稿: こいも | 2013年4月30日 (火) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かねこふぁ~む農園見学と筍掘り:

« 其処彼処咲く花・かねこふぁ~む句会 | トップページ | 里山の花々と竹の子の終わり初物 »